お知らせ

【報告】西山宏幸が退団いたしました。

2017年3月31日

本日、2017年3月31日をもちまして、
西山宏幸がブルドッキングヘッドロックを退団いたしました。

以下、西山から退団のご挨拶です。

##########

私、西山宏幸は、2017年3月31日付けで劇団ブルドッキングヘッドロックを退団する事に致しました。

Vol.2『彼方の塵、クズ』(2001年)から参加し、以降、俳優・音楽家として作品製作に関わってきました。
また、Vol.14『役に立たないオマエ』(2008年)からVol.25『青空と複雑』(2014年)まで、主宰・俳優・音楽家として劇団と共に過ごしてきました。

主宰退任の理由は、個人の活動をより活発にしたい、という事でした。
この度の退団の理由もそれに近い、と言うよりは、音楽家としての活動を追求したい、と、よりシンプルな理由です。

16年間、ありがとうございました。
今の私があるのは、ブルドッキングヘッドロックがあるからです。

これからのブルドッキングヘッドロック、西山宏幸をどうぞ宜しくお願い致します。

ちなみに、ブルドッキングヘッドロック Extra number『コンストラクション ダイアグラム・オーバー ザ ディメンション』~108の、建設と解体を繰り返す未遂の構想について~が、退団後の私が初めてブルドッキングヘッドロックとご一緒する作品になります。

そちらもどうぞ宜しくお願い致します。

16年間、ありがとうございました。

西山宏幸

【報告】準劇団員5名が正式に入団いたしました。

2016年12月19日

この度、
竹内健史
髙橋龍児
橋口勇輝
平岡美保
山田桃子
の5名が正メンバーとしてブルドッキングヘッドロックに入団いたしました。

以下、新メンバーのコメントです。

竹内健史

こんにちは 新劇団員の竹内健史です。
準劇団員の間に38になりました。
娘も3歳になりました。
人生をこの劇団に賭けてみようと決めました。勝手に賭けているので責任は自分で取ろうと思っています。
皆様方にはきっと、「ブルはまた人を増やすのか、もう誰が誰だかわかんないや」と思ってる方も多いのではないでしょうか?でも安心して下さい。
私竹内健史は、中年男子で一番顔が大きい男です。ええ中年男子を取っても結構です。劇団内で一番顔が大きい男です。いやオトコオンナの問題ではない。
小劇場界一、顔が大きい人です。
否、日本一、かもしれないのです。
なぜかというと38年間生きてきて今まで「こいつ顔デケェな。俺より凄い。」
と思った試しがないからです。
あっいた。今書いてて、猪木さん、馬場さん二人も思い出しました。
隣国にはチェホンマン氏もいます。
並んで試してはないので勝手に彼らの功績を称え負けた事にしますが、つまり日本の演劇界一、顔が大きい人間。
それが竹内健史です。
冗談はさておき、ブルのメンバーになったからには顔の大きさ以上の成功をしようと思っております。

今後、必ずやブルが大劇団になるのを目撃して頂くことと思いますし、私役者竹内健史も大成するのもしっかりと見届けて頂きたいと思います。
新人だからもうちょっと謙虚なコメントの方が良いかなとか思いましたが、もう38だし、養わないといけない家族がいるわけですから、宣言して、退路を絶っていかなければなりません。
皆々様が想像絶する以上の成功をしてみせて差し上げようと本気で目論んでいるわけでございます。
どうぞ宜しくお願い致します!

髙橋龍児

この度、正劇団員となりました。
髙橋龍児です。

先輩方が築き上げてきたブルドッキングヘッドロックを更に強く。また、新しい風となれるよう精一杯頑張ります。

橋口勇輝

細マッチョに憧れる、病的なガリガリ橋口勇輝です。
あのガリガリ、なんかおかしかったね~と言ってもらえるようになりたいです。
ブルをそして小劇場界をさらに盛り上げる新勢力として皆さまを巻き込めるよう精進します!

平岡美保

誠実に取り組み、関わって下さる皆様と共に笑い、楽しみたいと思っております。
精一杯頑張ります!!
よろしくお願い致します。

山田桃子

憧れていた劇団の一員になりとても嬉しい反面、嬉しい・楽しいだけでは成り立たないという事を肝に銘じ、身を引き締めていきます。まだまだ未熟者ですが、BHLをより盛り上げる役者になれるよう頑張ります。よろしくお願いいたします!

折り込みご希望の団体様へ

2016年3月20日

『スケベの話~オトナのおもちゃ編~』への劇場での手折り込みは行っておりません。
ご希望の団体さまは、Next折り込み代行での受付となりますので、下記からお申し込みください。
http://seisakuplus.com/orikomi/

【報告】制作3名が入団いたしました。

2016年1月4日

この度、
石川愛野
福富遥
藤原彩花
の3名が制作スタッフとしてブルドッキングヘッドロックに入団いたしました。

以下、新メンバーのコメントです。

石川愛野
「幅広く皆様に愛されている劇団に入団できることの人生最大の喜びと同時に、大きな責任も感じています。制作として認めてもらえる様に、誠実に一生懸命頑張りますのでよろしくお願いいたします!」

福富遥
「この度、ご縁があって入団させていただくことになりました。
新しい時代を皆様と一緒に過ごしていけることの意味を噛み締めつつ、舞台に関わる全ての人を幸せにできるよう尽力いたします。
これからよろしくお願い致します!」

藤原彩花
「ずっと前から大好きだったBHLの一員としてご一緒できるのが本当に幸せです。未熟者ですが精一杯頑張ります!」

準劇団員をあわせて26人になったブルドッキングヘッドロックを、今後ともよろしくお願いいたします!

準劇団員のお知らせ

2015年12月4日

この度、先のオーディションを経て、
高橋龍児
竹内健史
橋口勇輝
平岡美保
山田桃子
の5名が準劇団員として来年の公演に参加いたします。
今後の準劇団員の活躍とブルドッキングヘッドロックにどうぞご注目ください!